banner

虫刺されの薬の危険性

top1

既存の虫刺されの薬には危険性があるものもあります。例えばステロイド剤においてはそのリスクが以前から取り上げられています。炎症を抑えるというような効果はありますが、副作用が出るということもあるのです。

そのため非ステロイド剤を使用するようにする人は多いです。でもそうなると炎症を抑える力が弱いということがありますので、長く使ってしまい接触性皮膚炎を起こしやすくなるということになりかねません。そして日光にあたることにより、かぶれを起こすということもあるのです。そう考えると非ステロイドだから安心というようなことは無いと言えるでしょう。

虫よけスプレーの危険性

top2

まず何が安心かを知ってください。

虫除けスプレーを使用する時に、たまに聞くことあるディートという成分は、危険性が高い農薬です。そして発がん性もあると言われています。カナダではディートの危険性を懸念して、厳しい規制があります。

日本においてはまだそのような規制はありません。誰でも簡単に買えるところにディート使用の虫除け剤が売ってあります。クリームやシールなどにも使用されていて、重要が伸びている状態です。どうしても使用する場合でも、危険性を把握した状態で使用するということが本来必要と言えるでしょう。

無添加化粧品への畏敬の念

なお、当相談所の虫除けスプレーは、無添加であることが特徴ですので、商品設計の参考として、以下のサイトをベンチマークしています。

理想的な虫除けスプレー

天然ハーブのアロマ効果だけで虫除けをする虫除けスプレー。安全性が疑問視されているディートは無論、無添加です。ペット用もあります。

http://www.mutenka-okada.com/item/index04.html

小さいお子様もOKの虫よけスプレーが登場

こうしたリスペクトすべき企業からは、酢の優れたアイディアだけでなく、製品を設計する姿勢を学んでいます。無添加化粧品の製造開発には、欠かせない姿勢です。

Copyright(c) 2014 虫刺され相談所が考える理想の虫除け All Rights Reserved.